お役立ち情報|伝承力 ③

伝承力

第3回 知の性格によって異なる伝承の技法

ベテランや熟達者の知(仕事の知)を、若手や後進に継いでもらいたい。何とか次を担う人材を育成したい。こうしたニーズを抱え、日々試行錯誤を繰り返す企業は多くあります。 よく聞こえてくるパターンは、参照可能な成功例に倣い、そこでの方法を自社の現場に適用するケースです。うまくいけばよいのですが、成功確率は高くありません。知の性格が違えば、同じ方法で伝えてもうまくいかないからです。

仕事の中には技術革新やグローバルな変化の影響を日々受け、作業のプロセスや作業内容自体が頻繁に変わっていくものがあります。一方で、そういった外部変化の影響をあまり受けないか、または外部の影響をかなりの程度にコントロールして、作業内容の変化を最小限に抑えながら成り立っている領域もあります。

後者は伝統芸能の世界などで主に見られるもので、今日でも師弟関係を通じた伝承が健在です。 ただ、それらの世界で成立する“師弟関係”の伝承術を、日々変化が大きいゲーム業界の上司-部下関係に適用させても、うまくいく可能性は殆ど無いでしょう。両者が扱っている知(仕事の知)の性格が、大きく異なっているからです。

伝承の問題を考える際は、その仕事に求められる知(ここでの知は“技”も含んでいます)の性格を捉え、それぞれに適した方法を採用していくことが大切になります。伝統芸能の世界なら師のワザを模倣し、基本にある“型”の習得を繰り返すのが熟達への近道です。一方で、技術革新等で頻繁に変化が起こる領域であれば、手続きやノウハウは最小限のものを教え、あとは知識を管理する手法やキーとなる情報源を示して本人に委ねる方が育成に効果的です。

さらに、日常的に技術革新やグローバル化の変化に晒されながら、組織を連携させて成果につなげることを求められるプロジェクト管理やマネジメントの世界では、テクニカルな知の他に社会構造や組織の力学、文化の影響など、より複雑でダイナミックな知が含まれます。こうなると伝承も一筋縄ではいかなくなり、「語り」の技を磨いたり、適切に「関わる」為のいくつかの技法を組み合わせていく必要が出てきます。  

これら様々な知の性格に注意を向けず、十羽ひとからげに“伝承”を論じるのは危険な話です。伝承の実践を考える際は、伝承したい領域の知の性格を考え、それぞれにあった伝承の技法を意識して、適切に使い分けていくことが大切です。 その作業をせずに“伝承”を進めていけば、膨大な時間とエネルギーを失うリスクを背負うことになります。

オイコスメンター依田真門 コラム

オイコスメンターの依田真門が、システムエンジニアの皆様に向けておくるコラムです。

▷ 第1回 ベテランの発揮場を生み出す「語り」と「関わり」の技法
▷ 第2回 経験の知を伝えるしくみが必要だ
▷ 第3回 知の性格によって異なる伝承の技法