お役立ち情報|ITエンジニアのキャリア開発のヒント ⑥

ITエンジニアのキャリア開発のヒント

第6回「仕事の目的を考える」

こんにちは。オイコスコラム編集部です。

前号(5「求められている役割を考える」)に引き続き、株式会社永和システムマネジメントでサービスプロバイディング事業部担当部長を務めている岡島幸男さんに、キャリア形成のお話や、身につけておいたほうがよいスキルについてお話を伺いました。

<岡島 幸男氏(Yukio Okajima)プロフィール>
株式会社永和システムマネジメント 事業本部サービスプロバイディング事業部 担当部長1971年福井県生まれ。同志社大学経済学部卒業後、株式会社 永和システムマネジメントに入社。自社製品の企画・開発や、Webシステムの受託開発を中心にキャリアを積み、2003年より、サービスプロバイディング事業部にて主にソフトウェア開発の現場リーダーを行う。最近は、複数のプロジェクトチームのマネジメントも行う部長という肩書きも増え、福井と東京を往復する日々を過ごしている。趣味はクワガタのブリード。愛読書は新渡戸稲造の『武士道』

著書『プロジェクトを成功させる現場リーダーの技術』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797333502/tecmor-22

『受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774134538/tecmor-22

ブログ「TECH-moratorium:テクモラトリアム」
http://d.hatena.ne.jp/HappymanOkajima/

株式会社 永和システムマネジメント
http://www.esm.co.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q. これまでのキャリアを築く上で役に立った体験がありましたら、教えてください。

【8〜9年前、自分にとって高いスキルを求められる、大変な仕事をした経験があります。お客さんが大変厳しい方で、日々叱咤激励を受けていました。自分の能力を出し切ってしまって、どうやってもよくなると思えなくなった。ソフトウェアの企画に近い仕事で、「なぜそれを作るのか」「作るものの売りはなにか」を実感させられました。

ここで学んだことは、仕事の目的、何でそれをやっているのか、意外とわからずやってしまう人が多いことです。この時に突き詰めて考えさせられました。メンバーともよく話すのですが、「人生、適切な時期に適切な苦労をする」と思っていて、運よく、ちょうどそういうものが巡ってきました。

その次の仕事では、企画とマネジメント能力の両方を求められ、お客さまでまさに当てはまる人との出会いがありました。その方から学んだことは、マネージャーとして、プロジェクトの責任の負い方、腹のくくり方です。

たとえば、人との接し方や、成果を出すためにやっていることを色々と真似させてもらいました。例えば、下請けとして入った時に、分け隔てなく接してくれるのですが、その分厳しい。人を扱うとはこういうことなんだと学びました。失敗からくる教訓が全てですね。】

Q. そこまで大変な仕事をやり続けられた原動力はどんなところにあったのでしょうか。

【大変だった仕事の時は、今振り返れば一杯一杯の状態で、当時の写真を見ると、げっそりとやせていて相当辛かったと思います。その時になぜ乗り越えられたのかと考えると、その仕事は社内の選抜メンバー4人に選ばれたという自負心があり、それが動機付けになっていたと思います。社内でも期待されている仕事だったので、期待に応えたい自分としては、ハリがありました。

全部を任せてもらい、最後は社長が責任をとってくれました。人とのつながりが救ってくれて、そういう信頼関係の中で仕事ができれば、そんなに辛くならないと思います。ただ、こういう場を創るのは難しくて、これをうまく作っていくのが上司の仕事だと思っています。今度は自分がそうしてあげる立場だなと。】

Q. 信頼関係のお話が出てきましたが、部下と信頼関係を作るために、どんなことを心がけていますか?

【最近意識しているのは、部下に任せること、自分で考えさせることです。難しいのは、丸投げとの違い。自分でやったほうが楽だけど、最近では任せるようにしています。

あとは、「みんな、どんなふうになりたいの」と聞いています。エンジニアとしてやりたい人と、管理職でやっていきたい人に分かれるので、そこに沿った形でうまくやろうと意識しています。いかに自分が何もせず、うまくいかせるかを目指したいと思います。】

Q. 岡島さんが、職場で楽しく過ごすために心がけていることはありますか。

【本来は、心配性でくよくよ考えるタイプですが、だからこそうまくいくこともあります。最近は多少改善されてきたのは、悩んでもしょうがないと割り切れたからかもしれません。】

Q. 最後に、岡島さん自身が身につけておいてよかったと思うスキルや、エンジニアに身に付けてほしいスキルを教えてください。

【エンジニアなので、技術は間違いなく必要で、とことんやるべきだと思います。自分よりすごい人を見るとかなわないと思いましたが、やっている時は自分が最高だと思い、夢中にやっていました。技術はとことん磨いたほうがいい。

ヒューマンスキルでは、今振り返ると、ロジカルシンキングはあらゆる側面で使えます。本も読みましたが、やはり実務でないとぴんとこないことも多い。

MECE(※注1)など、実務で考える局面に追い込まれたので、身に付けました。ただ、上司として、部下に論理で攻めることはせず、使いすぎないようにはしています。

あとは、ファシリテーションは、ロジカルさを補うために必要だと思います。ロジカルシンキングだけだと、まろやかさが足りないので、両方あった方がいい。ロジカルなところとそうでないところの両極端があると幅ができるし、自分もそれを目指しています。】

※注1:MECE(Mutually Exclusive collectively Exhaustive)それぞれが重複することなく、全体集合としてモレがないこと。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

★ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
6「仕事の目的を考える」

岡島さんのキャリアストーリーを元に、キャリア開発のヒントをお伝えします。ここでの「キャリア開発」の定義は、「仕事を中心とした人生を、総合的・体系的に発展・成長させていくこと」とします。

岡島さんが以前体験された大変な仕事で一番学んだことは、仕事の目的、なぜそれをやっているのかを考えることでした。これを徹底的に考えたことが、現在の仕事でとても役に立っているそうです。今の仕事はそもそも誰のために、何のためにやっているのかを意識しながら進めることは大切です。仕事へ取り組む姿勢やモチベーションにも影響があります。

小田の愛読書の一つ、『ハタラク誇り』(吉田典生著、幻冬舎)にこんな一節があります。

【「働く」という言葉の語源は、「傍(はた=周りの人々)を楽にする」から来ている、という説がある。だから、"ハタラク"なのだと。家族を、顧客を、職場の仲間を、そして社会を、地球を、楽にする、ということだ。】

皆さんにとっての「傍」(はた)は、どんな人たちでしょうか?

目の前の仕事は何のためにやっているのか、改めて考えてみるとどんなことが見えてくるでしょうか。ぜひ考えてみてくださいね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上2回に渡って、岡島幸男さんのインタビュー及び、キャリア開発のヒントをお届けしました。皆さんのスキルアップやキャリア開発のきっかけになれば幸いです。

お忙しい中、取材にご協力いただいた岡島さんに改めてお礼申し上げます。

ITパーソンのためのヒューマンスキル向上ヒントコラム

オイコスコラム編集部が、スキルアップを目指すエンジニアやプロジェクトマネージャ、人事・教育担当の皆様のために、コミュニケーション、コーチング、 リーダーシップ等、チーム力向上に必須のヒューマンスキルやキャリア開発について役立つ情報をお届けします。(以前にメールマガジンで配信していたものを再編集しております。)

▷ ITパーソンのためのキャリア開発
  – 1 マネジメントに関する勉強が足りない
  – 2 モチベーションをあげる
▷ ITエンジニアのスキルアップ「コミュニケーション力をあげる」
▷ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
  – 1「主体的に動く」
  – 2「自己投資をしよう」
  – 3「コミュニケーションは出会いと経験から」
  – 4「自ら変化を起こす」
  – 5「求められている役割を考える」
  – 6「仕事の目的を考える」
  – 7「人間力を高めるには」
▷ コラム〜「やる気を高める、メンバーの目が輝くプロジェクトマネジメントのヒント」
▷ ITエンジニアのためのお役立ち書籍

お役立ち情報