お役立ち情報|ITエンジニアのキャリア開発のヒント ④

ITエンジニアのキャリア開発のヒント

第4回「自ら変化を起こす」

こんにちは。オイコスコラム編集部です。

今回のコラムでは、前号(3「コミュニケーションは出会いと経験から」)に引き続き、株式会社チェンジビジョン
代表取締役社長・平鍋健児さんがこれまでキャリアをどのように作ってきたか、仕事をする上で大事にされていることについてお話いただきました。

<平鍋 健児氏(Kenji Hiranabe)プロフィール>
株式会社チェンジビジョン代表取締役社長、株式会社永和システムマネジメント副社長。1989年東京大学工学部卒業後、3次元CAD、リアルタイムシステム、UMLエディタJUDEなどの開発を経て、オブジェクト指向技術、アジャイル型開発の実践する「見える化」コンサルタント。アジャイルプロセス協議会副会長、要求開発アライアンス理事。著書『ソフトウェア開発に役立つマインドマップ』、翻訳『アジャイルプロジェクトマネジメント』、『リーンソフトウェア開発』など多数。「ハート駆動型コミュニケーション」をモットーに、人に感動を与えられるコンサルタントを目指している。福井県大野市在住。お酒と映画とJazzを愛する。

株式会社チェンジビジョンhttp://www.change-vision.com/

平鍋健児さんのブログ「An Agile Way」http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe

自ら変化を起こす

"経験"を大事にされている平鍋さんが、これまで関わった数々のプロジェクトで、特に心に残っているのは、設計支援ツール「JUDE(Java UML Developers’Environment)」の開発。「JUDE」ユーザーは、全世界で28万を超え、うち海外で16万と過半数を占めています。

【「JUDE」は、1997年に僕が一行目を書いています。最初は2〜3人でやっていて、2001年に発表しました。最初は、売れるものを作るとは思っていなくて、技術だけで勝負しようと思っていました。技術だけでなく、会社として売ることを始めた時に、マーケティングが得意な熊谷恒治さん(前マイクロソフト株式会社、現在は株式会社チェンジビジョン取締役)と出会い、会社(チェンジビジョン)ができました。出会うことは大事。行動しないと出会わない。変わる瞬間はいつも出会いです。

まずは思いが先にあります。その思いで出会いがあった。思いを持って人に会いに行くことです。自分には「JUDEを広めたい」という思いがあったので、営業もやり、自分の足りないところを探していきました。自分が得意ではなくても、こういうところがいいなというところに、あえてなってみる。自分と反対側のことをやってみる。自分が必要とする変化に、自分でなるために。大きな目的を考えた時に、一番必要なことをやるべきです。】

平鍋さんの好きな言葉は、ガンジーの「You must be the change you want to see in the world.」

(世界の中に変化を見たいなら、あなたがその変化になりなさい)

自ら変化を起こしたことが、出会いを生み、思いが広まるきっかけになっています。

QoEL(Quality of Engineering Life)の実現へ向けて

「JUDE」と共に、平鍋さんが広めている「プロジェクトファシリテーション(PF)」への思いについて伺いました。

【今のITのプロジェクトの中には、そこにいる人がつぶれていくような現場もあります。デスマーチと言われる、身を粉にして働いて、徹夜の連続となり、どこまでやっていいかわからないという状態になる。頑張りすぎてしまって、折れちゃったり。そのプロジェクトが終わって、会社を辞めたという人も見てきました。だから、そういうふうにならないためにも、プロジェクトファシリテーションを広めたい。ソフトウェアのプロジェクトをうまくいかせるのと同時に、QoEL(Quality of Engineering Life=エンジニアとして過ごす人生の時間の質)を両立させたい。

そのプロジェクトに参加してよかった、自分の人生の時間を費やす、一回しかない人生の時間を費やす、私はこのプロジェクトに参加することを誇りに思う、というのを両立したい。そのための手段がPFなのです。】

PFのツールとして、株式会社チェンジビジョン開発の製品「TRICHORD」(トライコード)があります。「TRICHORD」には、「とき、こと、ひと」の3つ(TRI)が、調和する(CHORD)という意味があるそうです。プロジェクトの見える化を実現し、チームのコミュニケーション、モチベーションを向上させていく製品です。詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.change-vision.com/ja/products.html

■ 3Kから3Tへ

最後に、今後平鍋さんが実現したいことについて伺いました。

【これはあちこちで言っていますが、IT業界を3Kから3Tへ変えていきたいですね。

「3K」→ 「3T」きつい → 楽しい給料安い→ 高い給料帰れない→ 定時で帰れる

特に、女性がどうやって仕事を続けていくのかにも興味があります。例えば、日本では、早く帰ることで、仕事の評価が下がることがありがちです。「JUDE」「TRICODE」で、プロジェクトをより見えるようにビジュアル化して、メンバーの経験がもっと活きて、3Tの方向に行けるようになればと思っています。プロジェクトで一番大事な《コミュニケーション》を実現するために。】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

★ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
4「自ら変化を起こす」

平鍋さんのキャリアストーリーを元に、キャリア開発のヒントをお伝えします。ここでの「キャリア開発」の定義は、「仕事を中心とした人生を、総合的・体系的に発展・成長させていくこと」とします。

自ら変化を起こし、出会いを大事にしている平鍋さんのキャリアは、「プランド・ハプンスタンス」(Planned Happenstance Theory」という考え方が当てはまります。これは、1999年に米国スタンフォード大学のクルンボルツ教授が提唱した考え方「計画された偶然性理論」で、「偶然の出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼし、かつ望ましいものである」というものです。予期せぬ出来事をキャリアの機会ととらえることができた時、その出来事を「プランド・ハプンスタンス」と呼んでいます。

「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」に変えるには、次の5つのスキルが必要です。・好奇心:新しい学びの機会を模索せよ・持続性:失敗に負けずに努力し続けよ・柔軟性:姿勢や状況を変えよ・楽観性:新しい機会は必ずやってきて、それを自分のものにすることができると考えよ・冒険心:結果がどうなるか見えない場合でも行動を起こせ

参考:日本マンパワー「キャリアカウンセラー養成講座」テキスト

平鍋さんは、「好奇心」「冒険心」を始めとしたこれらのスキルを存分に発揮されており、自ら行動することで変化を起こしています。ぜひ5つのスキルを意識してみてくださいね。

以上2回に渡って、平鍋健児さんのインタビュー及び「キャリア開発のヒント」をお届けしました。皆さんのスキルアップやキャリア開発のきっかけになれば幸いです。

お忙しい中、ご協力いただいた平鍋健児さん、株式会社チェンジビジョンの皆様に改めてお礼申し上げます。

株式会社チェンジビジョン
http://www.change-vision.com/

平鍋健児さんのブログ「An Agile Way」
http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe

この記事が、皆様のコミュニケーションを改めて考えるきっかけになると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ITパーソンのためのヒューマンスキル向上ヒントコラム

オイコスコラム編集部が、スキルアップを目指すエンジニアやプロジェクトマネージャ、人事・教育担当の皆様のために、コミュニケーション、コーチング、 リーダーシップ等、チーム力向上に必須のヒューマンスキルやキャリア開発について役立つ情報をお届けします。(以前にメールマガジンで配信していたものを再編集しております。)

▷ ITパーソンのためのキャリア開発
  – 1 マネジメントに関する勉強が足りない
  – 2 モチベーションをあげる
▷ ITエンジニアのスキルアップ「コミュニケーション力をあげる」
▷ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
  – 1「主体的に動く」
  – 2「自己投資をしよう」
  – 3「コミュニケーションは出会いと経験から」
  – 4「自ら変化を起こす」
  – 5「求められている役割を考える」
  – 6「仕事の目的を考える」
  – 7「人間力を高めるには」
▷ コラム〜「やる気を高める、メンバーの目が輝くプロジェクトマネジメントのヒント」
▷ ITエンジニアのためのお役立ち書籍

お役立ち情報