お役立ち情報|ITエンジニアのキャリア開発のヒント ③

ITエンジニアのキャリア開発のヒント

第3回「コミュニケーションは出会いと経験から」

こんにちは。オイコスコラム編集部です。

今回のコラムでは、「ITエンジニアのキャリア開発」と題して、株式会社チェンジビジョン代表取締役社長・平鍋健児さんに、自らの体験をもとにエンジニアとして身に付けるとよいスキルや考え方、求められるエンジニア像について伺いました。

<平鍋 健児氏(Kenji Hiranabe)プロフィール>
株式会社チェンジビジョン代表取締役社長、株式会社永和システムマネジメント副社長。1989年東京大学工学部卒業後、3次元CAD、リアルタイムシステム、UMLエディタJUDEなどの開発を経て、オブジェクト指向技術、アジャイル型開発の実践する「見える化」コンサルタント。アジャイルプロセス協議会副会長、要求開発アライアンス理事。著書『ソフトウェア開発に役立つマインドマップ』、翻訳『アジャイルプロジェクトマネジメント』、『リーンソフトウェア開発』など多数。「ハート駆動型コミュニケーション」をモットーに、人に感動を与えられるコンサルタントを目指している。福井県大野市在住。お酒と映画とJazzを愛する。

株式会社チェンジビジョン
http://www.change-vision.com/

平鍋健児さんのブログ「An Agile Way」
http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe

エンジニアに必要な「コミュニケーション力」

日頃から多くのエンジニアと交流されている平鍋さんに、エンジニアに身に付けてほしいスキルや、求められているエンジニア像について伺いました。

【ソフトウェア開発では、技術はもちろん、プロジェクトマネジメントも大事ですが、この2つが全てだという風潮が強いんですね。特に、日本だと組織の中に、ISOなどのマネジメントのシステムを入れて回していく、そこにしっかりとした技術を持っていればうまくいくように思われがちです。

でも、僕はこの2つではすっぽり抜けるものがあると思っていて、人間力、もっと言うとコミュニケーションやモチベーションの部分、人の気持ちを理解することが大事だと思っています。ソフトウェア開発で人の気持ちを理解することを抜いてしまったら、そもそも成り立たない。「ソーシャル工学」、人と人との関係力学と言えると思います。相手を理解することや、どういう話し方をするかなどは大きく、50%に近いのではないかと思っています。技術20%、マネジメント30%位のイメージです(図1参照)。

コミュニケーションができる人をたくさん生まないと、ソフトウェア開発は回らないですよね。わたしはこれを、プロジェクトファシリテーション(*1)と呼んでいます。

《技術》《マネジメント》《コミュニケーション》の全部を包括する人が、リーダーとして必要なんです。日本では、年齢が上がると、《技術》ができて、《マネジメント》に異動して管理をして、となります。技術も分かり、マネジメントも分かって、人と話してその人をやる気にさせたりすることが大事です。

相手の問題は何かを見つけたり、その仕事をする動機を与えたり、「なぜあなたはこの仕事をしているんですか?」といった仕事の核心部分の話ができる人。モチベーションを引き出しながら、全体を前に進める力を持った人が求められていると思います。】(平鍋氏、以下【】内同じ)

 <図1:ソフトウェア開発の要素>

 《技術》20%      《マネジメント》30%
<ソフトウェア工学>   <プロジェクトマネジメント>
—————————————————————-
《コミュニケーション・モチベーション》50%  
      <ソーシャル工学>   
       相手の理解  
  プロジェクトファシリテーション

*1:プロジェクトファシリテーションプロジェクトの現場を活性化し、モチベートし、協調関係を作るために必要な技術。http://www.objectclub.jp/community/pf/

コミュニケーションスキルを高めるには?

50%を占めるという《コミュニケーション》の部分、平鍋さん自身は、どのようにしてそのスキルを高めていったのでしょうか。

【もともとは苦手なんです。技術が大好きで、技術はOK、負けないと思っている時期がありました。でも、製品を売るとか、作ったものをお客様に使ってもらう場合、うまくいかない時に、「いいものを作ったのに売れないのは営業のせい」とか、人のせいにしがちなところがあるんです。自分が愚痴を言うのであれば、自分の世界で足りていないところ、ここがこうなればいいなとか、売れたらいいなと思うなら、自分自身が変わってそこに行くべきだというのが持論です。

コミュニケーションが重要と目覚めたのは、《技術》から出て、ソフトウェア開発の全体を見た時に、技術だけだと価値が届かないことが分かった時です。自分のモデルとなる人がいなかったので、自分の会社の中でどうやったらいいのかを模索しました。コミュニケーションは、ジャングル(笑)。これは経験によるところが大きいです。

《技術》は本を読むと、ある程度できるのですが、《コミュニケーション》は、本を読んだだけではできません。経験が必要です。人とたくさん会ったり、この人すごいなと思う人と会うことで、この50%の力は身に付けられると思います。

一人でものを作っている時はいいんですよ。自分のためにやっている時はいい。それは日記みたいなものです。作ったものを誰かに届けて、人がそれを使って嬉しいとか、それを使って自分の仕事が楽になったというようにするには、自分がソーシャルな力をつけて、話をしながら思いを伝えること、思いを聞き取ることです。】

コミュニケーション力を高めるには、経験が大事という平鍋さん。コミュニケーションの「一回性」についてお話いただきました。

感動は人生の「一回性」に関係している

【科学は再現性や正しさを求めています。未来を予測できることです。ただ、コミュニケーション力の根底にあるものは、生の経験や感動という本来再現性がないものなんですよ。人生の一回性(onceness=その人の人生の中で一回しか起こらない)と強く関わっているんです。人生は一回しかない、現在あなたが関わっているプロジェクトは一回しか起こらない、その中でいきいきと仕事をしたい。

過去からヒントを得て、うまくいかせようとすることはできるけれど、いいプロジェクト(=お客様から喜んでもらえたり、一緒にやってよかったと思えるプロジェクト)や、人生を豊かにしていくものは、再現性や普遍性とは違う一回性のところにあります。経験と強く結びついている。感動とかコミュニケーションは、人生の一回性と関わっているのです。

キャリアは、定式化されたことを覚えていくのではなくて、感動して、経験して、理解しながら、自分の中でもやってよかったと思えることが大事。そうすることで、コミュニケーションやモチベーションが理解できて、人を含めたシステムをうまく回せるリーダーシップが身についていきます。

《技術》や《マネジメント》という普遍性をめざした体系(熱が冷めたもの)も大事なんですが、そればかりだと、自分は人生で本当は何をやりたかったのか(熱い思い)を見失ってしまいます。経験が大事ということは言いたいですね。】

4「自ら変化を起こす」に続く・・・>

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

★ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
3「コミュニケーションは出会いと経験から」

平鍋さんのお話を元に、エンジニアのキャリア開発のヒントをお伝えします。ここでの「キャリア開発」の定義は、「仕事を中心とした人生を、総合的・体系的に発展・成長させていくこと」とします。

平鍋さんのメッセージは、【ソフトウェア開発でリーダーシップをとって、全体をまとめている人は、必ずコミュニケーションができる。これを体系化することは難しいが、基本的には経験が大事】というお話でした。

平鍋さん自身、《技術》だけだと価値が届かないと分かった時に、コミュニケーションの重要性に目覚めたとのことです。営業や人にたくさん会う経験を積むことで、コミュニケーション力を磨いていきました。お客様や一緒に働くメンバー、または社外のコミュニティなどで、積極的に自分の思いを伝えること、相手の思いを聞くことが、コミュニケーション力を高める近道ですね。

今回の記事が、皆様のスキルアップを改めて考えるきっかけになると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ITパーソンのためのヒューマンスキル向上ヒントコラム

オイコスコラム編集部が、スキルアップを目指すエンジニアやプロジェクトマネージャ、人事・教育担当の皆様のために、コミュニケーション、コーチング、 リーダーシップ等、チーム力向上に必須のヒューマンスキルやキャリア開発について役立つ情報をお届けします。(以前にメールマガジンで配信していたものを再編集しております。)

▷ ITパーソンのためのキャリア開発
  – 1 マネジメントに関する勉強が足りない
  – 2 モチベーションをあげる
▷ ITエンジニアのスキルアップ「コミュニケーション力をあげる」
▷ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
  – 1「主体的に動く」
  – 2「自己投資をしよう」
  – 3「コミュニケーションは出会いと経験から」
  – 4「自ら変化を起こす」
  – 5「求められている役割を考える」
  – 6「仕事の目的を考える」
  – 7「人間力を高めるには」
▷ コラム〜「やる気を高める、メンバーの目が輝くプロジェクトマネジメントのヒント」
▷ ITエンジニアのためのお役立ち書籍

お役立ち情報