お役立ち情報|ITパーソンのためのキャリア開発 ①

ITパーソンのためのキャリア開発

第1回 マネジメントに関する勉強が足りない

こんにちは。オイコスコラム編集部です。

このコラムでは、オイコスの研修講師(メンター)より、エンジニアやプロジェクトマネージャが身につけておくとよいスキルについて情報をお届けします。

今回、オイコスメンターの大坪隆志さんにお話を伺いました。

大坪さんは、株式会社資生堂でシステムエンジニア、国際事業部で経営企画業務を経験、その間に慶応大学大学院に派遣され人事・組織論を専攻し、修士号取得。その後、独立を決意して、システムコンサルティング会社のスタートアップ期に入社。2年経験したのちに独立し、現在は研修講師、コーチ、コンサルタント業をメインに活動されています。

オイコスでは、コーチング研修や交渉力研修を担当、多くのエンジニアやプロジェクトマネージャーと関わって感じる課題についてお話いただきました。

まず全体的に、技術的なことについては関心があるものの、マネジメントに関しての勉強が足りないと感じるそうです。

マネジメントとは具体的には、
1)お金に関すること
2) 人の管理に関すること です。

一つ目のお金に関することとは?

【お金に関すること、別の言い方をすると、ビジネスの流れや全体像を意識して仕事をしていくことが必要です。分かっていない人が多いと感じます。

「システム開発」は元々ビジネス上の目的があって、システムを作ろうという話です。大切なのはシステムを作ることではなく、目的を達成することです。

しかしながらシステムを作ることが目的になってしまうことが多くあります。
IT化はお金も時間もかかります。その目的を常に意識していないと、目的とずれたものを作ってしまうことが起きてしまうのです。

お金については、会社がどんな流れでにシステム開発費予算を計上するか、予算の許容範囲はどの程度なのかなど、会社全体の物事の決まり方を把握していく必要があります。

お客さんとの交渉も、そのタイミングを見て行う必要がありますが、意識できている人は案外少ないのではないでしょうか。

ビジネスの流れやタイミングを理解すること、これはエンジニア、プロジェクトマネージャ共通の課題だと思います。】(大坪さん)

そもそも何のためにシステムを作るのか、根本を押さえておくことは大切ですね。
ビジネスの流れやタイミングを大局的に見ること、ぜひ意識してください。

この記事が、皆様のコミュニケーションを改めて考えるきっかけになると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ITパーソンのためのヒューマンスキル向上ヒントコラム

オイコスコラム編集部が、スキルアップを目指すエンジニアやプロジェクトマネージャ、人事・教育担当の皆様のために、コミュニケーション、コーチング、 リーダーシップ等、チーム力向上に必須のヒューマンスキルやキャリア開発について役立つ情報をお届けします。(以前にメールマガジンで配信していたものを再編集しております。)

▷ ITパーソンのためのキャリア開発
  – 1 マネジメントに関する勉強が足りない
  – 2 モチベーションをあげる
▷ ITエンジニアのスキルアップ「コミュニケーション力をあげる」
▷ ITエンジニアのキャリア開発のヒント
  – 1「主体的に動く」
  – 2「自己投資をしよう」
  – 3「コミュニケーションは出会いと経験から」
  – 4「自ら変化を起こす」
  – 5「求められている役割を考える」
  – 6「仕事の目的を考える」
  – 7「人間力を高めるには」
▷ コラム〜「やる気を高める、メンバーの目が輝くプロジェクトマネジメントのヒント」
▷ ITエンジニアのためのお役立ち書籍

お役立ち情報